Over-the-Afro 住本大輔 - Official Website

住本大輔 - Official Website

ホーム / 新着記事 / インドネシア / 降下作戦で有名なパレンバンは今どんな街なのか調査してきた

降下作戦で有名なパレンバンは今どんな街なのか調査してきた

2016/05/06

インドネシア

2018年アジア競技大会に向けた通訳・観光案内サポートできます。
詳しくはお問い合わせください。

先日うんこを漏らしまして、さてさてどうしたもんか思ったんですが、幸い事故現場はショッピングモール内。すぐに新しいパンツを買って事無きを得ました。

すみもとが青年海外協力隊として派遣されているインドネシア・パレンバン(Palembang)。しっかり紹介したことが無かったのでご紹介します。うんこを漏らしてもすぐパンツを買いにいける、結構便利な街です。いやぁ、安心だね!

パレンバンってどこ?

まずは場所。
インドネシアは日本と同じくたくさんの島がある国で、その数は1万を超えます。その中でもでっかい、スマトラ島の南側に位置しています。

スマトラ島といえば『大きな地震被害があった場所』というイメージの方も多いかもしれません。地震から10年あまり。今はすっかり復旧しているようです。2016年3月の地震は世界的にニュースになりましたがそれほど影響はありませんでした。

パレンバンはそのスマトラ島の中でも3番目くらいに大きな街です。
 

街のシンボル アンペラ(AMPERA)

アンペラはムシ川にかかる街で一番大きな橋。街のシンボルです。よくお土産のパッケージやTシャツにデザインされています。

パレンバンには油田もあったことから、戦時中に日本軍の侵攻がありました。その戦後補償で建てられたのがアンペラです。夜にはライトアップされてキレイ。アンペラを見ながら食事ができるレストランがあって、「おいちゃん!あそこに女の子を連れてったら彼女できるかな?」って言って苦笑いをされたことがあります。

皆既日食の時にはイベントも行われて、人でいっぱいになりました。

名物「ペンペ(Pempek)」

パレンバンは海に近い大きな川があるので、魚がたくさん捕れます。その魚を使った名物が「ペンペ」。魚のすり身を茹でたり揚げたり蒸したりした料理です。味は、かまぼことかちくわとかさつま揚げをもうちょっと荒っぽくした感じ。

何でなのかわかりませんが、ペンペはおかずではなくおやつ。夕方とかにダベリながらつまんでるイメージです。何でだ?ペンペを食べながらお茶ができるお洒落カフェもあります。何でだ?

ショッピングモール

インドネシアで買い物をしようと思うと、だいたいはモールに行くことになります。ジャカルタにもたくさんありますがパレンバンもしかり。ウチから1時間以内の範囲に6箇所くらいあります。いつゾンビ被害があっても大丈夫そうです。

(インドネシア人もゾンビと貞子が大好きです)


モールではしょっちゅうイベントやってます。
これはZUMBAやってた時の写真

日本のイベントの時の写真。
オタ芸もしっかり伝わってます。

市場

何箇所か市場もあります。
ちょうど歩いていけるところにあるので早起きした時には行ってます。

どのお店も唐辛子が大量に売ってます。

鶏買う時は使い切れるかどうかちょっと悩む。

サンダルに囲まれたおいちゃん

マンゴスチンを味見させてもらいました。
うまーい!

ランブータン(Rambutan)
皮が髪の毛みたいだからRambut(髪の毛)an。
「ダイスケの髪の毛は今日もランブータンそっくりだな!」って言われます。

交通

道路は大きいんですが、2018年に開催される世界規模のスポーツ大会(2018年アジア競技大会)に備えるため、あっちこっちで鉄道工事が行われています。けっこー渋滞してる。
街は建物と建物との距離があって、歩きだとけっこうキツイです。

よく使う乗合バス、アンコタ。どこまで行っても1回 4rib(40円くらい)

外観はオンボロバスです。ステレオから爆音のFunkotが流れてることが多く、その音量が大きいほど運転が荒い!

一度、発進するごとに車体がぴょんぴょん跳ねるやつに当たったことがあるんですが、その時はさすがにすぐ降りました。近くを歩いてた人たちが全力で逃げてて、見たこと無いけどマッドマックスってこんな感じかな?って思った。

普段はそこまで危なくないですよ?

Trans Musi
ちょっと新しいバス。けっこう遠くまで走ってます。1回5.5rib(55円くらい)。冷房が効いてて快適。

その他、タクシーやら、バイクタクシー(オジェック)やらが走ってます。だいたいが日本車。そしてすごい数の原チャリ。いかにも東南アジアっぽい雰囲気です。

歩道にはちょいちょい穴が空いてます。
歩きスマホをすると死にます(マジ)。

料理

魚がたくさん捕れることから、魚料理がおいしいと評判です。

名物料理のピンダン(Pindang)

マンゴーのサンバル(唐辛子ベースの調味料)
すぐには慣れそうにない不思議な香りがします。
(最初ドリアンかと思った)

串焼き(SATE)。鶏と羊があります。
パレンバンはピーナッツソースがかかってるのが特徴。

インドネシア人はほとんどがイスラム教を信仰しています。ムスリムは豚を食べないので豚が食べられるレストランはあんまりありません。
ここは中華系の麺屋さん。激うま。

まとめ

やっぱり初めての海外生活。日本では見たこと無いものや、新しいことがいっぱいです。

ヨチヨチ歩きでパンツを選び、うんこを漏らしたままレジのお姉さんを呼ぶのは初めての経験でした。不思議とドキドキしますね!

まだまだ回れてない観光地もあるのでまたそのうちに。
次の記事ではすみもとのおうちをご紹介する予定です。


リンク:インドネシアの自宅を紹介します。

何か申し訳なくなったので、モールのカフェでくつろぐネコを貼っておきます。

2018年アジア競技大会に向けた通訳・観光案内サポートできます。
詳しくはお問い合わせください。


にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑ ランキングに参加しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加